読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルクと砂糖-シアサッカー コレクション-

f:id:hynm_masuda:20170503170415j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170503170427j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170503170433j:image

 

服装のカジュアル化が止まらない。

日本ではクールビズなるものが国から推進され、夏場にダラダラと汗をかきながらジャケットを着てネクタイをつけたビジネスマンは珍しい存在となりました。

 

世界の経済を牽引する産業となったIT業界の人たちは、テクノロジー分野のみならず、今までの慣習を壊すことが自分たちの役割なのだという気概をもって、服装においてもこぞってTシャツやジーンズ姿で仕事をし始めました。  

 

人々の暮らしを便利にするITテクノロジーと「合理的」という価値観が、そのままアメリカから輸入されたように思います。

 

一方、アメリカを代表する生地に「シアサッカー」というものがあります。

シアサッカー」と一言で言っても様々な種類のものがありまして、生地の厚さや色の配色まで、組み合わせをすると、それはそれは沢山あります。

 

個人的に好きなシアサッカーは、掴むとシャリッとしていて、生地にハリがあるもの。 言葉という手段では表現できない肌触りのものです。シルク混だと最高ですね。まさにミルクと砂糖、と言ったところです。

 

源流はもちろん英国(在インドの)にあるわけですが、なにせブルックスブラザーズの存在が大きく、もはやアメリカを代表する素材のひとつと言っても差し支えないでしょう。

 

古いアメリカの映画だとお金持ちはこれを着ている率が高く、ギャッツビー症候群よろしく、日本でもそういった世界に憧れた2世代ほど上の先輩たちは、夏になると、こぞってボタンダウンのシャツに合わせてシアサッカー素材のジャケットを着ていた(かっこいい世代だ)

 

思うに、季節にあった素材のものを身につける、というのはそれだけでオシャレなのだと思う。

 

年がら年中同じ素材を着て過ごせない事はないのだけど、人の記憶って、その時に起きた出来事と共に匂いや色、そして感触が非常に重要なファクターとなると思っている。

そしてそれはストーリーとして語るに足るものとなると思っています。 

 

Tシャツにジーンズで仕事もいいんですが、シアサッカーのアイテムを身につけるのも、夏の思い出に一役かいますよ。 

 

ユナイテッドアローズ&サンズの地下一階で集積しておすすめしてます。

目的駅に到着してしまったので、ここまで。

よろしくお願いします。

 

ユナイテッドアローズ&サンズ

03-5413-5102

 

 http://unitedarrowsandsons.jp/instagram/