読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sunny C Sider × UNITED ARROWS & SONS

f:id:hynm_masuda:20170501083339j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170501083330j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170501083401j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170501083412j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170501083431j:image

 

思えば既存のコレクションで気に入った生地、柄があると「これでジャケット作れますか」などと宣うのは失礼なのかもしれないです。

 

アイテムに対して生地や柄は決められているのだし、もっと言ってしまえば、それを含めたデザインでありコレクションだと言うのが筋なのかなと思います。  そもそも「世界観」、ってそういう事ですよね。

 

それなのに、なぜサニーシーサイダーのようにストリートウェアを中心に洋服を展開するブランドにテーラードジャケットをお願いするのかというと、もちろん既存のコレクションや生地のかっこよさ、デザイナーであるNaokiさんの人柄など様々な理由はあるんですが、やはり自分たちとしてはドレスとカジュアルを分けたくないですよ、って事なのかと思っています。

 

人って無意識にコミュニティへの帰属意識が強くなっちゃって、理解できない世界や自分の外の世界を排除してしまいがち。

 

本当は自分と向こう側で境界線なんかないのに、自分からそれを引いちゃう。 その方が楽ですからね。

 

音楽でも同じで、何か一つのジャンルにとらわれると自分の好きな分野以外には興味を示さない。むしろ攻撃的になったり、聴かない音をバカにしはじめたりする人も出る始末。 平和じゃないですよね。 

 

なぜこんな話しをするかというと、僕たちにとってのコラボレーションはそういった垣根を超えてしまおうよという事だからです。 

 

スーツやジャケットを着てスケボーをした後に、Tシャツ短パン姿で高級ラウンジバーでお酒を飲みましょうということです。

 

サニーシーサイダーのホームページを見ると、「ひとつのカルチャーに縛られないジャンルレスなアメリカンスタイル」というブランドコンセプトが載っています。

 

そういう意味では非常に納得のいくコラボレーションだと思って頂けるのではと思ってます。

 

ジャケット、一緒に作りました。

 

Sunny C Sider × UNITED ARROWS & SONS 

¥35,000- 税抜き

 

UNITED ARROWS & SONS

03-5413-5102