職業としての小説家

別に今から小説を書こうという訳ではありません。

少し前に出た村上春樹氏の「職業としての小説家」を読み終えました。

 

昔から彼のエッセイなどを読み込んでいる人には、哲学的な部分や思想のところではなぞる箇所もあるんですが、今回のこの本の最大の特徴といえば、おそらく村上さんが自分の作品について、どのような思いで執筆をされているかを説明しているところだろうと思う。

ノルウエーの森などの大ベストセラー作品を除けば、ほとんど初なのではないかと思います。

 

僕は、「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」でハマったくちですので、あの作品の一人称の使い分けとか、興味深く読ませてもらいました。

 

f:id:hynm_masuda:20161112073028j:image

 

オススメです。