政治家の失言と最近のお買い物

同性愛に対する政治家の失言が止まらない。と言っても、同性愛を異常だとする傾向は年齢が上に上がるほど顕著のようで、若い世代とは少し肌感覚が違うようだが。
個人の思想なのでどのようなものであれ否定し罰する事はできないが、それでも配慮にかける発言は、聞いていて愉快なものではない。 
「酔った勢いで言ってしまった」というのは論外だとして、「同性婚を認めると少子化に拍車がかかると思った」という発言。
これには少し違和感を覚えていて、同性婚を認めたところで、認めない状況にくらべ出生率が下がる可能性というのはあるのだろうか。おそらくないだろう。
認められなかったとしても、同性愛の方が「結婚」というものにこだわりをもち、意に反して異性と結婚し、子をもうける可能性というのは、ほとんど無いと考えるのだが、どうなのだろう。

いずれにせよ少子化を招いているのは、子育てをしづらい社会環境と保障の不十分さである事は間違いない。要は、子供を作ると損なのだ。 
僕は子供が2人いるけど、元々が独身の時から遊びまわるタイプの人間ではないので、生活が不自由になったというものは感じない。しかし、それでも子育てはしづらいなあと感じる時は多々ある。おそらく奥さんは現実的にもっと感じているはずだ。やはり結婚はしても子供を作る気はない、という人が周りにも多いのは、社会保障が不十分で、それを充実させるべきだとされる政治家の方々が、酒に酔って同性愛の方々を不用意に傷つけたり、議会中にヤジを飛ばしたりするのに勤しんでいる結果である。
何を言いたいのかというと、求められた仕事をキチンとしてくれ、という事です。まったく、この人たちに投票した人は今頃赤っ恥なのではないかと思う。

さて、長い前話しとは別に、最近買った物のお話し。

f:id:hynm_masuda:20151211212303j:image

1950年代イタリア軍のバイク部隊で履かれていたミリタリーパンツ。
裾口がボタンになっており、サスペンダーが特徴的な一着。 

実はこのモデルは非常に人気のモデルで、いわゆるミリタリー専門のお店でもこの年代のものはほとんど手に入れる事ができないそうだ。

f:id:hynm_masuda:20151211212755j:image

f:id:hynm_masuda:20151211212801j:image

サイズはだいたいLぐらいで少し大きいのですが、履いてみるとそこまで気にならなかったので購入を決意。 
サイドのポケットがちょっと下についているのが少しだけ不便ですが、そのクラシックな佇まいがとても気に入っており、シーズンを問わずに活躍しそうな一着です。 

今回購入したのは、こういったヴィンテージのミリタリーアイテムをモダンなシルエットにリメイクをしてコレクションを展開する<MYAR>というブランドのもの。もちろん本物の50年代のヴィンテージものなんですが、裾口に向かって少しテーパードシルエットにするようリメイクしており、古くささを感じないシルエットになっています。
その分いいお値段しますが、普通のミリタリーアイテムには見られない魅力的なディテールとシルエットは必ず重宝すると思い即決しましたf^_^; 

目先ニットと合わせようと思ってますが、中々これに合うニットが思いつかず、とりあえずの課題として週末を迎えます。  

皆さまも良い週末をお過ごしください。

増田のSNSも宜しくお願いします↓

WEAR