読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Green Fingers

1年が終わりに向かうにつれ、毎年決まって電車が遅延する日が多くなるのは何でなんでしょうか。 
そんなに急いで帰っても特別に何かあるわけではないんですが、やはり電車という空間にずっと閉じこめられたり、この寒くなる時期にホームで延々と同じアナウンスを聞きながら電車を待っているのは、中々つらいですね。
 今、まさにそういう状況ですが、おかげでこうしてブログをゆっくり更新できたりという側面もあるので、まあ、イライラしません。

イライラしたり怒ったりしても、本当に何も解決しないと頭で理解したその日から、そういった感情は捨てると心に決めて生きております 笑  状況なんて自分の気持ち次第で、どうにでも変わるものです。 やっぱりイライラするより、どんな時でもハッピーでいたいし、そう心がけて周りとも接したいですね。

変な前置きが長くなりましたが、本日はお誘い頂き、GREWN FINGERS 川本さんによる「Deco Room with Plants here and there」の出版記念パーティーに参加させて頂きました。 

f:id:hynm_masuda:20151119000059j:image

f:id:hynm_masuda:20151119000112j:image

f:id:hynm_masuda:20151119000118j:image

様々なグリーンで彩られる、ラフォーレミュージアム。 
もちろん本も読ませて頂いたのですが、もう、すごいという言葉しか出てこないですね。 
植物の知識なんて全くない自分にとって、それをバランスよく配置し空間を彩るなんていうのは、ほぼ神業の域になります。  
いわゆるファッションとは違うとは思うのですが、遠からずといったところで、コーディネートに少なくともルールのようなものが存在して、そこに各々のセンスが光ってくる、という世界のような気がします。 
一人一人に似合う洋服があるように、一つ一つの空間に似合うグリーンというのが存在するんだろうし、その調和感から完成した絵として見てしまうのですが、注意深く見てみると、すごく繊細なデコレーションだったりして。 

これはもう唯一無二の世界だなあ、と。そう感じました。 こういうのって感性というのか、積み重なって磨かれる種類のものなのだろうか。

色々と考えたのですが、疎い自分でも楽しめる空間を提供できるのは、やっぱり「凄い」としか言いようがないですね。

三軒茶屋にあるお店も、とても気になります。



増田のSNSも宜しくお願いします↓

WEAR