ハロウィンについての考察

台湾から帰ってくると、娘がお出迎え。

f:id:hynm_masuda:20151102085010j:image

ハロウィン仕様 笑 

ここ2,3年でのハロウィンの盛り上がり方は凄まじく、もはや経済効果でバレンタインを凌ぐとか。 すごい。

僕は仮装(?)はしませんが、娘が楽しそうで何よりです。

よく「本当のハロウィンというのは...」とか、「ただのコスプレ祭りになってしまっている...」 とか聞きます。
確かに一理あるのですが、それを言ってしまうと、前途のバレンタインもクリスマスも本場の欧米とはずいぶん違った形で日本には普及しているので、ハロウィンだけをやり玉にあげて攻めるのは、いささか乱暴な気もします。
もちろん日本式のクリスマスもバレンタインもやらない、という方もいらっしゃると思うのですが、それはそれで良いと思います。 きっと意味も理解しないでお祭り騒ぎに乗じている人々を見ると腹が立ってしまう誠実でまっすぐな人なのでしょう。 それも納得です。 

僕はというと、賛成でも反対でもないというか、お祭り騒ぎするのも悪いと思わないし、自分で仮装して参加しようとも思わないし。  
他の人の行動になるべく口を出さないで生きていたいので、お互いの意思を尊重しながら楽しめたら良いですね、と思います。

f:id:hynm_masuda:20151102090521j:image

この前台湾で買ったシャツが図らずもカボチャっぽかったのは、色々な誤解を生みそうですが 笑  


WEAR