NiCE UA 新作公開してます


NiCE UA 33: "ALEX Sky Blue" [UNITED ARROWS ...


NiCE UAは、僕たちが面白いと思うモノ、ヒト、ブランドを、動画で紹介するオフィシャルムービーです。


今回は弊社オリジナル商品のデザイナーが作る藍染めのアイテムを軸に動画を作りました。

動画を見て頂くと、日本の伝統的なモノ作りや、その姿勢が、海を越えて評価されるシーンが垣間見えます。

別に服飾製品に限らず、日本のモノ作りは世界から評価されているのは有名な話しなんですが、改めて、宮崎の藍染め製品AULICOがどのような点で支持されているのか、現場で働いている方々の声を通して伝わる内容になっています。


日本のモノ作りでいつも思い浮かぶのは、地元の東京浅草にある、Amuse Museumの「BORO(ボロ)」です。

江戸時代から何代にもわたって青森の農村や漁村で着られてきた、ツギハギだらけの野良着ですが、意図せず、その時にある生地を穴が空いたらそこに縫い付け、大切に大切に着続けられてきた布が飾られています。

それは間違いなく実用的な観点から生まれたデザインですが、とても美しい野良着です。

物を大事にする、というのは昔の日本では当たり前だったと思うのですが、そんな習慣から生まれたデザインは、とても美しいのです。


今回の動画は、モノを作る人の顔がしっかり見え、どのような思いで作られている洋服なのかが伝わる内容になっていると思います。

そういった事が知れた時、やっぱり自分の洋服は消耗品では無くなるし、大切に着る、意味のある一着に変わると思います。


洋服とのそういった対峙の仕方は、僕は好きです。

うちで買ってくれた人が、そういう事を感じて着てくれたらすごく嬉しいです。


約5分間の動画です。

ぜひご覧になってみて下さいね!