とても私的な内容の日曜日。

明日は早朝から撮影なので、今日は地元の墨田に帰省。

実家でのんびりした後に、久しぶりに付近を散歩&ラン。


f:id:hynm_masuda:20140309180215j:plain


近所の帽子屋さん。ハンチングの種類が豊富。

ちなみに親の時代はここでヘビを売ってたヘビ屋だったとの事。。。

ヘビ屋って何なんですかね。無類のヘビ好きのおっさんがいたらしいんですが、下町では何でもアリです。Tokyo Deep City. 


f:id:hynm_masuda:20140309180620j:plain


近所の八百屋さん。

ここの飼い犬に噛まれてから、もっぱら犬がダメです。


f:id:hynm_masuda:20140309180825j:plain


先輩んちの蕎麦屋。おいしい。番犬が居て、近くに寄れなかった。入るのが怖い。けど、おいしい。



f:id:hynm_masuda:20140309181002j:plain


そして、荒川の土手沿いをラン。

お決まりの墨田の経済の救世主、スカイなんちゃら。

在原業平ゆかりの土地名をあっさり捨てさせた、背の高い化け物。新しい歴史。でも、行った事ない。


f:id:hynm_masuda:20140309181304j:plain


ランランラン...

靴さえあればどこまでも行ける。あい きゃん ふらい。いや、ラン。



f:id:hynm_masuda:20140309181519j:plain


3-B 金八さんのロケ地。

田舎の駅の風貌に癒されまくり。



相変わらず夜になっても子供達は外を走り回ってるし、それを見つめる変なおじちゃんもいるし、独特な雰囲気の東東京。 

それでもやっぱりホームタウンは落ち着くし、下町に住むというのは、ディープな東京を味わえると思ってます。 

上京をする人に、東がいいよ!と、招致活動を行うも、皆憧れのオシャレシティ、世田谷、目黒に流れていく悲しさ。 

だからこそいつまでも変わらない景色がここにはあるんだけども。


とても私的な内容で恐縮です。


これから風呂入って早めに寝て、明日の撮影に臨みます。


あ、サザエさん見てからだ。