読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレー ファッションウィーク

少し前のニューヨーク タイムスに、「Silicon Valley Fashion Week is no Joke」という記事が載っていた。 その時は、「ふーん、そういうものがあるんだ」くらいでしっかり読んでなかったんですが、今日改めてNews Picksに取り上げられていたので、改めてしっかりと読んでみた。

 

http://mobile.nytimes.com/2016/10/25/fashion/silicon-valley-fashion-week.html

 

f:id:hynm_masuda:20161113193613j:image

 

写真はLEDのライトを使用したクラウンをドローンが運んでいるという、なんのこっちゃな感じのシーンですが、記事を読んでいると主催している側も参加している側も(もちろん) 本気でやっている。

 

僕がこの記事に注目する一つの理由として、この業界(いわゆる、ファッションを生業としている人たち)の末端に身を置いているが、どうもこの手のテクノロジーの進化とは相容れないというか、わりと業界そのものがずっと旧体制のまま21世紀を突き進んでいる気がするからです。  旧体制とは、やはりどこか閉鎖的な部分があるし、一部の人たちの間でルールを設け、そこでワイワイと盛り上がっていて、居心地のよい自分たちの世界から飛び出さない、または自分たちの世界以外の人間を必要以上に排除しようという動きが顕著な訳です。もちろんそんな人たちばかりではないですけど。

 

そうこうしているうちに世界は進歩を続け、自分たちだけは旧体然のまま気づいたら置いてけぼりにされていた、なんてことになりかねないのではと、微かなアラームが内側から聞こえるのです。

 

 

もちろん、シリコンバレーのファッションショーのクオリティが云々の話しは置いておいて、こういった多様性は歓迎するべきだし、何よりリアルクローズでないのは、パリやミラノで行われている一部のショーとそういった意味では変わらないのではと思います。

 

つまり、こういうのもありだよね、と。

奇抜な目で見つめて腫れ物扱いする前に、一度色眼鏡を外して歩み寄ってみようよ、という事です。

 

僕個人としてテクノロジー推進派という側面もあり、AIが人間の仕事をドンドン奪う、なんて論調もわりと楽観的に捉えています。

奪われてしまうなら、ドンドンと奪われてしまえばいいと思います。

英国で起きた産業革命の際も、機械の発達から、今までの仕事を奪われた人が、機械を撃ち壊すという暴動が起きたと聞きます。 

誤解を招くとあれなので付け加えますが、それで失業率が増えるとかはどうでもいい、と言うわけではありません。

むしろ、「失業率」という概念がその頃にはなくなるのではないかな、と思います。

 

これ以上書くと話しがそれるので、この辺でやめます 笑 

 

もう一つ面白いのは、シリコンバレーファッションショーに参加しているブランドは、クラウドファンディングを利用していて、事前に様々な人の反応を知った上でモノづくりをしているということ。

これも既定路線から外れますね。

 

ショーを高貴で崇高なエンターテイメントと捉えて、その中で行われる少しばかりの反骨精神と裏切りだけでは、なんだか物足りない時代はそう遠くないのではと思ってます。

 

早くドンドン便利な世界になって、楽に生きれる世界が来るといいなあと思います。 笑

 

職業としての小説家

別に今から小説を書こうという訳ではありません。

少し前に出た村上春樹氏の「職業としての小説家」を読み終えました。

 

昔から彼のエッセイなどを読み込んでいる人には、哲学的な部分や思想のところではなぞる箇所もあるんですが、今回のこの本の最大の特徴といえば、おそらく村上さんが自分の作品について、どのような思いで執筆をされているかを説明しているところだろうと思う。

ノルウエーの森などの大ベストセラー作品を除けば、ほとんど初なのではないかと思います。

 

僕は、「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」でハマったくちですので、あの作品の一人称の使い分けとか、興味深く読ませてもらいました。

 

f:id:hynm_masuda:20161112073028j:image

 

オススメです。

DOUG AITKEN

f:id:hynm_masuda:20161110235452j:image

昨日、LAの出張から帰ってきました。

撮影で訪れていたんですが、合間にMOCAでDOUG AITKENの展示を見に行きました。

 

映像の作品を中心に、写真もちらほら。

そんなに多くの展示はなかったにも関わらず、大満足な内容。  思わず予定よりも長居してしまいました。

 

f:id:hynm_masuda:20161111000225j:image

 

また観たいなあ。

 

大阪への出張

久しぶりに大阪へ出張。

梅田のブリーゼが8周年を迎えるため、そちらの記念イベントに。

 

f:id:hynm_masuda:20161030183311j:image

 

弊社の鴨志田、小木、ファッションライターの細川さんのトークショーから始まり、ファッションショーなど、盛りだくさんな内容。

 

予想よりも女性の方々が多く、メンズファッションの話しで大丈夫かなと少しハラハラしましたが、

昨今の社会潮流を交えて、ジェンダーレスな話しになったので、ひと安心。 

 

f:id:hynm_masuda:20161030183644j:image

 

お昼に行った、梅田の「葉隠れ」という、うどん屋さん。

どうやら有名のようで、長蛇の列。 

もちろん美味しいから有名になるのですが、特筆すべきは店主のおじさんの人柄。

関西弁で食べ方をぐいぐい教えてくれた 笑

東京には中々ないスタンス。

「混ぜたらあかんで。ドントミックスやで」が妙に耳に残っている。 

 

 

 

TWEED RUN TOKYO 2016

先週末に行われたTWEED RUN TOKYO 2016. 

第6回目となる今回も晴天の中、東京を気持ちよく自転車で走ることができました。

 

f:id:hynm_masuda:20161026134120j:image

 

UAチームでの集合写真。

 

前回は自転車を用意できず、会社の電動機付き自転車で参加するという離れ業をやってのけましたが、今年はしっかりと自転車も用意して万全の状態で参加。

 

f:id:hynm_masuda:20161026134300j:image

 

NHK WORLDの取材も入ったり。年々注目を集めています。

 

ツイードを着ての楽しい年に一度のイベント、来年こそはという方がいたら、ぜひぜひ( ユナイテッドアローズも数ある企業の中で協賛をしております) 

 

 

Instagram: @m.a.s.u

 

 

 

Ghost 無事に終了

f:id:hynm_masuda:20161022234343j:image

 

撮影が終わって急いで駆けつけ、昨日のGhostは無事(?) 終了。2ヶ月ぶりにDJしたもので、色々しくりましたが、何とかやりました。

 

ここ数週間ドタバタで、流す曲をもう少し熟考したかったのが本音。でも、今回もやはり楽しかったです。

 

見ている多くの人は来ていない方々と思うのですが、もし興味があるぜ、って言うことであれば次回ぜひ。 このブログを読んで来てくださった方もいて、嬉しかったです。 

 

f:id:hynm_masuda:20161022235306j:image

 

f:id:hynm_masuda:20161022235313j:image

 

f:id:hynm_masuda:20161022235320j:image

 

Instagram @m.a.s.u

 

 

 

 

 

 

昨晩のイベント

f:id:hynm_masuda:20161019234335j:image

 

昨日やった、パリのコレットとアシックス タイガーのコラボレーションモデルのローンチパーティ。

 

直前での告知にも関わらず、予想を超えたたくさんの方々にお越しいただけました。 

 

そもそもこのイベントをやると決まったのが2週間前ということもあり、チャットのような勢いでメールのやり取りが飛び交い、何とか当日を迎えた。

 

鶴の恩返しや浴衣がテーマになっている今回のモデル。

それに合わせ日本酒や和菓子を用意したのですが、

東京ファッションウィークの真っ只中ということもあり外国人のゲストが多く、とても喜んで頂いたよう。

この2週間の苦労や不安も本当に報われました。 

 

お配りしたノベルティは、前途の日本酒。アシックス タイガー、コレットUA & SONSの3社ロゴ入りで、大嶺酒造さまに制作頂きました。

 

http://www.ohmine.jp

 

f:id:hynm_masuda:20161019235348j:image

 

樽を用意し鏡割りもやったり。

とにかくいいイベントになりました。

 

肝心のコラボレーションモデルは22日の土曜日、店頭での抽選発売です。

 

 http://www.unitedarrowsandsons.jp/news/16/10/asics_tiger_colette_gel-lyte_yukata.html

 

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。