読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰宅途中のある電車の会話の記録

「やあ、君は1867年の大政奉還の後の慶喜公の生き様を知ってるかい?」

「ヨシノブ?」

「徳川の最後の将軍だよ、参ったな。慶喜公を知らないか。とにかく彼は明治にかけて優秀なカメラマンになったんだ。 時の権力を握った人が、芸術家としての才能を開花させたんだ。美しいと思わないか?」

「うん」

「それで、僕は決心したんだ。自分が死ぬ時は美しい芸術家として死ぬってね。いいかい、君は僕が音楽家だという事を知ってるね?」

「うん」

「僕は寝る前に毎日4小節の音楽を作ってるんだ。そして、それが溜まった時に、それが僕の遺書になるんだよ」

「そうなんだ」

「僕のお葬式に、それが流れる。今の段階では、それはとても悲しい曲になるはずだよ」

「でも毎日4小節も作り続けるのは大変だね」

「大変だ。なあ、君はベートーベンやモーツァルトを知ってるね? 僕は彼らに『近しい世界』に生きてるんだと思う。 毎日、自分が死んだ時に流される、自分が作曲した曲について考えている。 彼らは死について考えながらあの名曲の数々を作ったのだろうか? いや、僕ほどではないね。それはとんでもない壮大な曲なんだ」

「そうなんだ。すごいな」

「いいかい、その曲はね、彼らが使えなかったエレキギターを使ってる。 観衆は拍手喝采。

キィィィェェェイィィというギターが鳴り続けている中、僕は朽ち果てる。僕はその音の中で死んでいるんだけど、観衆は拍手喝采なんだ。ねえ、君、それって想像できるかい。とにかくギターが鳴り響いてるんだ」

「すごいね。壮絶な最後だ」

「そうだろ。 あー、今日も4小節を作らなきゃなんだ。僕が死ぬ時には最終的にその曲は12分を超えてるだろう。でもね、君、僕の悩みは何だかわかる?」

「わからない」

「その曲が流れる時には僕は息耐えてるって事なんだよ! こんな理不尽な事がある? 僕は僕が作った曲を『これで完成だ』と感じられないまま、死んでいくんだよ! それを分かった上で、僕は今日も4小節を作り続けるんだ。それもね、言ったね、とてもとても悲しい曲だ。悲しい曲になるようにコードを捻ってるんだ」

「そうなんだ。つらいね」

「つらいさ! ところで、1867年、何が起きたか覚えてる。日本が変わった瞬間。 僕の人生は1867年に魅力されたままなんだ」

「ヨシノブ公?」

「そう、慶喜公。 彼は美しかった。ねえ、ところで君。その背の高さを僕にくれないかな? 前から君には言ってるね? 君の背の高ささえあれば、僕は僕の世界において、全てが思い通りになる気がするんだ」

「そうなったとしたら、君のチリチリのロングヘアーを僕に分けて欲しいな」

 

 

 

以上、新宿区から北区に向かう電車で交わされた会話を、一切の脚色抜きに記録として留めたことをここに記す。

 

2017.4.28

増田晋作

UNITED ARROWS & SONS HEAVY WEIGHT T

 f:id:hynm_masuda:20170426084518j:image

 

 f:id:hynm_masuda:20170426084751j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170426084857j:image

 

個人的な話しで恐縮なのですが、どれだけ暑くてもTシャツ一枚で出かける事はあまりないです。 

どこかキチンとした感を出さなきゃな、という強迫観念に近いものがあって、ジャケットやシャツを上から羽織ってしまいがちです。

これはメンズドレス、スーツを販売していた人間のある種の職業病とも言えるかも知れません。

Tシャツだけだと何か足りない気がしてしまうのです。

 

そうすると、プリントTを着るかどうかという問題に直面するかと思うのですが、これはイエス、なのです。 むしろ持っているTシャツはほとんどプリントTです。 

 

もちろん、プリントTという存在は、そのプリント、もしくはメッセージを、他人に見せて初めてその役割をまっとうすると思います。 ジャケットやシャツの下に着てしまっては、正しい着方ではないかも知れません。

しかしそれと同時に、ただ「身にまとう」という事で、ある種類の高揚感みたいなものを得られるアイテムだというのも事実ではないでしょうか。

 

単純にグラフィックがカッコイイから着たい、意味なんて考えない、直感です、はすごく今っぽい考え方だと思います。 「気にしない」がオシャレ、という価値観ですね。

しかし、年齢を重ねて身に付けるものに慎重になると、それだけでは通じない局面も出てきたりします(特におじさんは) 自分で意味がわからないモノを身に付けてると、あまりカッコイイとは言えないかも知れません。

 

このユナイテッドアローズ&サンズのTシャツはジャケットを着てしまうとほとんど無地です。

シャツの中に着てボタンをとめてチラ見せしても、無地です。

だけども、ふとジャケットやシャツを脱いだ時に、マルチアーティストのバロン・ボン・ファンシーが書いたメッセージアートが姿を現します。

そこには

"Go for the gold"

"She's out of my league"

 

と書かれています。 

無地だと思って眺めてた人には、ふいに現れたそのメッセージに目が奪われ、「どういう意味なんだろう」と考えます。 あるいは実際にどういう意味なのか尋ねるでしょう。 

 

つまり、グラフィックやメッセージの入ったTシャツというのは、人とのコミュニケーションを生むのではないかと考えます。 

 

だから僕はプリントTやメッセージTが大好きだし、現代社会のストレスに飲まれて「リラックス」、「無地」、「クリーン」などがキーワードになっている昨今の潮流は、正直「?」なのです。それって果たして洗練っていうのかい?という感じです。

 

 

さて、"Go for the gold" "She's out of my league"とはどういう意味かという話しですが、特に意味はありません。と、いうと語弊があって、もちろん意味はあるのですが、様々な解釈ができるよ、というオチです。

 

あ、あとちなみにこのTシャツはヘビーウェイトの生地を使ってるので、丈夫ですよ、と。

 

 

ユナイテッドアローズ&サンズ

03-5413-5102

 

http://unitedarrowsandsons.jp/instagram/

 

 

adidas + Kanye West Yeezy Boost 350 V2

f:id:hynm_masuda:20170425011428j:image

 

アディダス オリジナルスとカニエ・ウエストのコラボレートコレクション 「adidas + KANYE WEST」から、YEEZY BOOST 350 V2の新色が発売されます。
今回は大人用の他にキッズモデル「YEEZY BOOST 350 V2 INFANT」もあわせて発売。

クリームホワイトのプライムニットのアッパー、 ミッドソールのクッション素材「BOOST™ フォーム」を搭載したお馴染みのモデル。

 

まだまだ根強い人気がありまして、店頭での混乱を最小限にするべく、大人用に関してはアプリを使用した抽選販売とさせて頂いてます。 お客さまにはご迷惑、お手数をおかけし恐縮です。

 

※キッズモデルは通常販売です。

 

■YEEZY BOOST 350 V2の販売方法について

当商品は抽選専用のアプリ「UNITED ARROWS & SONS LOTTERY」による抽選を行ったうえでの店頭販売のみとさせていただきます。

店頭での抽選は行いません。


・応募期間:2017年4月26日(水)~4月27日(木)
・当選発表:2017年4月28日(金)
・販売(お引き渡し)日:2017年4月29日(土)~5月1日(月)
 ※ 販売日にご来店が無い場合は自動的にキャンセルとなり、当選は無効となります。

 

http://unitedarrowsandsons.jp/instagram/

 

UNITED ARROWS & SONS WORK PANTS

f:id:hynm_masuda:20170424084714j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170424084735j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170424084745j:image

 

ワークパンツと呼んでいますが、このパンツは狭義的には違うかも知れません。

人が働き、「もっとこの方が便利だ」「ここにポケットが欲しい」などの改良に改良を重ねて生まれたワークパンツ。 

パン屋が履くベイカーパンツ、貨物船の作業員が履くカーゴパンツ、 金鉱発掘現場で働く人が履いたジーンズ。

それぞれが進化をして、今の時代に沿った『ワークパンツ』として履かれていますが、職業としての結びつきは、もはや皆無と言ってもいいでしょう。

ジーンズに関してはもはや「人類の制服」と呼ばれる地位にまできており、誰もが「これはワークパンツだ」という意識で履いておらず、極めてデイリーなアイテムになっています。 

 

そのデイリーなアイテム、いわゆる日々カジュアルに履いて便利なパンツがワークパンツという事であれば、このユナイテッドアローズ&サンズの物はうってつけのパンツです。 

素材やディテールにワークパンツの要素を取り入れながら、シルエットはスッキリとテーパードになっており、野暮ったさを感じさせません。 

上物(トップス)にアクセントを置きたい人には、しっかりとそれを支えてくれる優秀なパンツでもあります。

 

http://unitedarrowsandsons.jp/instagram/

 

UNITED ARROWS & SONS

03-5413-5102

 

 

 

 

【インタビュー】サルバム デザイナー 藤田哲平

f:id:hynm_masuda:20170421095148j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170421094910j:image

 

「今回で東京最後にしようと思ってるんです」

 

去年の暮れくらいに藤田くんにある雑誌の企画の取材で協力してもらった後、お酒の席でその話しを聞いていた。

 

今年初めのピッティ ウオモで<sulvam(サルバム)>のショーを観て、その彼の言葉が視覚的に立体になって飛び込んできた気がして、妙に納得した。

色々な感情と闘った結果、あとは世界のマーケットで勝負しようと思ったんだな、と。

 

ピッティの後、あれよあれよと時間が経ち、弊社のアドバイザーを務める栗野宏文から「サルバムの最後のショーをユナイテッドアローズで出来ないかな」と言われた。 

 

何となく、前にもそういう話しをしていたので、「出来たら面白いな」とはどこかで思っていたのだが、本格的にそれを言われたのが、3週間前くらいだったので、正直少し焦った。

 

会場をうちにする事以外に、このタイミングだと自分たちができる事が限られてくるので、逆に迷惑かけるんじゃないか、とか色々考えた。

 

結果的にユナイテッドアローズは場所と人の部分で協力をして、運営や演出はいつもサルバムのショーをサポートしている方々が入る事になり、3週間でクイックに動き(本当にクイックに)、実現しました。

 

当日は予想外の事もありドタバタと色々な方に迷惑かけましたが、何とか無事終わりホッとした。

ユナイテッドアローズ&サンズのインスタグラムでは初めてライブ配信も行い、様々なリアクションをもらえた。  

 

ピッティで観た洋服と同じ洋服を使ったショーでしたが、モデル、演出、全てが別世界だったため、全く違うショーを観ているようだった。

ピッティで観た時は藤田くんの覚悟や気迫を感じたけど、東京のショーは明るいライトの中、とことんハッピーな雰囲気だった。 やれてよかった、と思った。

 

 

それで、前置きがめちゃめちゃ長くなったんですが、そのショーが終わった数日後に、会場までまた藤田くんに来てもらい、ショーをやった感想や今後の展望などを聞きました。 

ユナイテッドアローズ全社で作るコンテンツ、「ヒトトモノトウツワ」で公開されています。

 

ぜひご覧頂ければと思います。

 

http://taisetsu.united-arrows.co.jp/3377/

 

 

 

 

 

 

UNITED ARROWS & SONS DUNGAREE WESTERN BAND COLLAR SHIRT

f:id:hynm_masuda:20170420094755j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170420094804j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170420094814j:image

 

ウエスタンシャツをいかにモダンに着ることができるか、というのを真剣に考えたことがある人間は恐らく僕だけじゃないと思うのですが、バンドカラーにしてみたら以外と簡単にモダンに着こなせました。

 

普通のウエスタンシャツは笑顔がよく似合う。

 

このバンドカラーのウエスタンシャツは、恐らくもう少し捻くれた人向け。

きっちりしたジャケットのインナー、Tシャツと合わせてもいいですね。

 

http://unitedarrowsandsons.jp/instagram/

 

UNITED ARROWS & SONS

03-5413-5102

 

 

 

UNITED ARROWS & SONS WIDE DENIM

f:id:hynm_masuda:20170419085545j:image

 

ユナイテッドアローズ&サンズが今シーズン出した、ワイドシルエットのチノパンツ

 

パンツのシルエットに流行がなくなって久しいですが、多くの人がバギーパンツを探していたようで、非常に好評いただきました。

急遽追加生産の対応をしたので、引き続き店頭、オンラインストアでご覧頂けます。

 

そして、同じシルエットで開発したデニムもおすすめです。

 

f:id:hynm_masuda:20170419084238j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170419084225j:image

 

f:id:hynm_masuda:20170419084232j:image

 

 写真のようにカジュアルに合わせるのもいいですし、ジャケットに合わせるのもおすすめです。

 女の子が着てもかわいい。

 

1番のポイントはもちろんそのシルエットですが、

これからの季節デニム素材はきつい、という方でも着られるライトオンスのデニムというのも嬉しいところ。

 

http://unitedarrowsandsons.jp/instagram/

 

ユナイテッドアローズ&サンズ

03-5413-5102